日別アーカイブ: 2020年3月25日

コスパが最強で最高のもやしのナムル

ダイエット食は継続できるかどうかが一番重要なポイントだと思います。あまり高額な食材ばかりではお財布が心もとないのではないでしょうか。
そこで大活躍する食材がもやしです。他の野菜等と比べて安価で購入でき、しかも価格変動が少ないことが最大の魅力です。

調理方法も簡単で、ただ茹でるだけでダイエット食に変身します。
茹でるといっても沸騰したお湯に入れたら火は止めてしまってあとは放置です。
光熱費までカットできます。わたしのおすすめは茹でたもやしに中華だしで味付けをした「もやしのナムル」です。

いろいろな食材をトッピングすれば立派な一品メニューになります。彩を考えるのであればニンジンやニラ。
栄養を補うのであればサラダチキン等組み合わせは無限大です。冷蔵庫にある余りもの食材を利用できるのも嬉しいです。
様々な調味料を駆使すれば味の変化も自由自在です。これは体にもお財布にも優しいダイエット食になるのではないでしょうか。

満足感あるのに簡単でヘルシー!納豆オムレツ

“美味しいヘルシーな納豆オムレツの作り方
・まず納豆を1パックの中のままよくかき混ぜます
(味と卵が絡みやすくなる為)

・納豆に付属してあるタレをいれ、泡がだつように
長めにかき混ぜます(ふわふわなオムレツができあがります)

・そのあとオリーブオイルをフライパンに薄く塗り
卵1つ 牛乳大さじ5つ フライパンの上にいれます(こうすることによって洗い物が少なくすみます)
【よりヘルシーを求める場合は牛乳なしでもOK】

・卵や牛乳が入ったフライパンに混ぜておいた納豆を入れ火をつけたら素早くかき混ぜます
(卵はすぐ固まるのでスクランブルエッグをつくるかのように素早くかき混ぜることでふわふわになります)

・ここで重要なのが加熱しすぎないこと
加熱しすぎるとかたくなり味も薄くなります

半熟なくらいで火をすぐ止め、出来たオムレツを軽く包みこみます

出来上がりです。簡単で味付けもシンプルで多くないのに濃く、納豆の旨味が最高に閉じ込められた納豆オムレツができます、
これだけでもヘルシーで美味しいのに他にもいろいろな具材バリエーションを足すこともおすすめだと思います。

半年で?10Kg痩せた時のダイエット飯

私は役半年間で10Kgの減量に成功しました。
一度リバウンドして再度ダイエットをし、72Kgから62Kgまで落とした時のレシピやその当時食べていた食事などを参考にしてもらえたらと思います。
まず基本的に食べなければ痩せます。人間はなにもしなくても一日に1500カロリー(平均的な数字)消費します。
1Kg 落とすのに役8,000カロリー必要だと言われています。私はリバウンド前は一日の摂取カロリーを1,000カロリーにしていました。

二度目のダイエットは前回ちょっとやり過ぎた感があったので+500追加で1,500カロリーに設定して食事制限をしました。
レシピは朝、納豆(80Kcal)、カロリーメイト(200Kcal) ×2とブラックコーヒー(0)です。
昼食は野菜(60Kcal)とチキンサラダ(110Kcal)とおにぎり一個(140Kcal)です。
朝(280Kcal)昼(310Kcal)間食でチロルチョコ×1個(60Kcal)
夜ご飯はキムチ(120Kcal)バナナ×3本(300Kcal)とチキンサラダ(110Kcal)ブラックコーヒー(0)こんな感じです。

朝と昼は食べるものは基本変わりませんが、味に変化をつけて飽きないようにしてました。
夜は基本炭水化物を取らないようにしてましたが、麺類がどうしても食べたくなったらちゃんぽんだけにしてました。
ちゃんぽんだけなら(350Kcal)ぐらいのんで。私は週に一日ドカ食いの日を決めてその日は食事制限など気にせず、自分が食べたいものだけを食べていました。

ただし食べた後は、特保のお茶を飲んでいました。
ダイエットしていく中で、コスパがいい食べ物はささみがおすすめですよ、栄養あるし、豚や牛と違ってヘルシーなので、あとはおでんですね。
具の一つ一つのカロリーが低いです。大根なんか1桁ですよ。ですのでおでんはおすすめです。

ダイエットに関しては、無理ぜず、焦らずにやる事をおすすめします。最初の一ヶ月は全然結果が見えません。
私は二ヶ月に入る事から少しづづですが体が軽くなってきたと実感してきて体重計に乗って計測してら減っていたので、
やる気が出て継続でき結果ダイエットに成功できました。体重計に毎日今でも乗っています。

毎日体重計に乗る作業はおすすめです。本当に採取は変わらないので、不安に思うかもしれませんが、継続は力なりと言います。
少しづつですがからなず結果が出ます。出たら目標の体重まであっというまにゴールまで行けると思いますので、頑張ってください。