とにかく食べない、出来るだけ動かないダイエット

極端な例なのであまりお勧めできませんが、約6kgの減量を決意してから白米を断ってキャベツの千切りにお酢9:醤油1の割合でかけて食べるようにしました。
他は納豆・と漬物、特に野菜中心で、朝食を抜いて1日2食、徹底的に守りました。
間食やお菓子を食べる習慣が全く無いのでそのへんは心配いりませんでした。

ただ、お酒は止められなかったのでウイスキーをストレートでほぼ毎日、ショットグラスで5杯ぐらい呑んでいました。
その時のおつまみは極たまに6Pチーズを一つぐらい食べました。
そして「運動すると変な筋肉がついて痩せない」ということ(詳しくは調べていなかった)らしいので、出来るだけ動かないようにしました。

ただ、あまり運動しないのもいけないと思い、歩いて移動する時に限って、つま先歩きと同時に腹筋に力を少し入れて歩くようにしました。
もともと運動が苦手なので、とにかく「ストレスがかからないように無理せず」ぐらいの気軽な感じでやりました。
「痩せないと!」と思った時からうまく頭を切り替えられた事が良かったと思います。

これを約4週間続けて開始時に約66kgあった体重が59ぐらい(60kg切った!)になりました。
顔もパンパンだったのがやっともとに戻りました。それからあまり意識しないで食べることも控えているので、今は61.5kgを維持したまま現在に至ります。
とにかくジムに行ったりランニングをしたり、他にお金を掛けずに辛いこともなく達成できたので、また少しでも太ったら実行しようと思います。

塩と水だけで3日間だけ!断食ダイエット。

大学4年生のとき、運動生理学の研究室の友人が研究室の実験のため3日間水と塩のみで生活させられていました。
その友人はしんどいけど体が軽くなった、体調が良くなったなどとポジティブな感想を話し、
それを聞いた私ともう一人の友人は一緒に3日間断食を試すことにしました。

塩と水のみでの3日間は予想以上にしんどかったのですが、友人と励ましあいながらなんとか継続しました。
途中にあったバレエの授業ではしんどいながらも体がめちゃくちゃ軽い感覚を味わい感動したのを覚えています。
3日間が終わり断食があけるとき、本来ならば果物やスープなど少しずつお腹に優しい食べのものを解禁しなければいけなかったのですが、
一緒に断食した友人と共に鍋屋さんに行き、割とがっつり食べてしまいました。

しかしながら、断食期間中腸が整ったのか、食生活が乱れなくなり暴飲暴食をあまりしなくなりました。
元々そこまで太っているわけではなかったのですが、それでも今から考えると結構むくんでいましたが、
その断食後はパンパンだった顔もすっきりし、お尻周りも少しすっきりしました。
リバウンドもせず、7年たった今でも同じような体型を維持しています。

いよいよ私の夢ウエディングドレス

いよいよ。結婚をする時がやってきました。いざ!ウエディングドレスの試着!あれ?はまらない?きつい?肩が一回り大きい。。あれ?おかしいな。。
そして家に帰り体重計にのったらなななんと!5キロリバウンドしているではありませんか。。挙式まで後1カ月。
まじ、やばい。でも、絶対このドレスを着たい!このドレスじゃなきゃ嫌。
と言う思いだった為その日からまずは、炭水化物抜きをしますが1週間体調に異変を感じ朝だけ
お米をお茶碗一杯食べる事にし朝食は、ご飯と味噌汁を食べ昼食と夕食はおかずのみを食べました。

夕方6時までに食事を済ませます。
夕食の合間、夕食後にはダンス(カーヴィダンスが流行っていたのでカーヴィダンス)をひたすらしました。ただの10分時間があればしました。
食後は必ず1時間しました。歯を磨く合間に腰を回しました。
左右30回しました。とにかく体型も綺麗にしたくて食事だけじゃなく運動もとりいれながら
体のラインづくりに励んだ結果何とウエディングドレスか綺麗にはまりました!
体重は、マイナス4キロ減でした。その時に思ったのが食事だけだと限界があるから食事と運動が大切だと確信しました。

水だけダイエットと小顔体操体験談

やめたほうがいいです。体調崩します。吐き気するしやるもんじゃないです。少しは食べたほうがいいです。
小顔体操は今でもたまにやりますがあーいーうーえーおーっと大きくゆっくり動かします。
その繰り返しです。雑誌かなんかで見て私はこれは簡単だし小顔効果ありそうと思ってます。

お風呂入りながらとか化粧しながらもできるし顔はひどいことになってるので1人のときにやってます!小顔効果でなんかいい方法あったら知りたいです。
あとは、よく噛んで食べることもやりました。これは結構意識して続けれました。
ご飯の量も減らして野菜食べて米とかも30回以上噛んで食べて、18時以降は食べません。

お腹すくので早く寝ます。朝いっぱい食べても太らないと聞いたことあったので朝は気にせず食べて昼、夜はそれを続けました。
数ヶ月後ぐらいに友達に痩せた?って言われて体重計のったら数キロですが痩せてました。
これは慣れればできると思います。わからないですが。私の体験談でした。

コスパが最強で最高のもやしのナムル

ダイエット食は継続できるかどうかが一番重要なポイントだと思います。あまり高額な食材ばかりではお財布が心もとないのではないでしょうか。
そこで大活躍する食材がもやしです。他の野菜等と比べて安価で購入でき、しかも価格変動が少ないことが最大の魅力です。

調理方法も簡単で、ただ茹でるだけでダイエット食に変身します。
茹でるといっても沸騰したお湯に入れたら火は止めてしまってあとは放置です。
光熱費までカットできます。わたしのおすすめは茹でたもやしに中華だしで味付けをした「もやしのナムル」です。

いろいろな食材をトッピングすれば立派な一品メニューになります。彩を考えるのであればニンジンやニラ。
栄養を補うのであればサラダチキン等組み合わせは無限大です。冷蔵庫にある余りもの食材を利用できるのも嬉しいです。
様々な調味料を駆使すれば味の変化も自由自在です。これは体にもお財布にも優しいダイエット食になるのではないでしょうか。

満足感あるのに簡単でヘルシー!納豆オムレツ

“美味しいヘルシーな納豆オムレツの作り方
・まず納豆を1パックの中のままよくかき混ぜます
(味と卵が絡みやすくなる為)

・納豆に付属してあるタレをいれ、泡がだつように
長めにかき混ぜます(ふわふわなオムレツができあがります)

・そのあとオリーブオイルをフライパンに薄く塗り
卵1つ 牛乳大さじ5つ フライパンの上にいれます(こうすることによって洗い物が少なくすみます)
【よりヘルシーを求める場合は牛乳なしでもOK】

・卵や牛乳が入ったフライパンに混ぜておいた納豆を入れ火をつけたら素早くかき混ぜます
(卵はすぐ固まるのでスクランブルエッグをつくるかのように素早くかき混ぜることでふわふわになります)

・ここで重要なのが加熱しすぎないこと
加熱しすぎるとかたくなり味も薄くなります

半熟なくらいで火をすぐ止め、出来たオムレツを軽く包みこみます

出来上がりです。簡単で味付けもシンプルで多くないのに濃く、納豆の旨味が最高に閉じ込められた納豆オムレツができます、
これだけでもヘルシーで美味しいのに他にもいろいろな具材バリエーションを足すこともおすすめだと思います。

半年で?10Kg痩せた時のダイエット飯

私は役半年間で10Kgの減量に成功しました。
一度リバウンドして再度ダイエットをし、72Kgから62Kgまで落とした時のレシピやその当時食べていた食事などを参考にしてもらえたらと思います。
まず基本的に食べなければ痩せます。人間はなにもしなくても一日に1500カロリー(平均的な数字)消費します。
1Kg 落とすのに役8,000カロリー必要だと言われています。私はリバウンド前は一日の摂取カロリーを1,000カロリーにしていました。

二度目のダイエットは前回ちょっとやり過ぎた感があったので+500追加で1,500カロリーに設定して食事制限をしました。
レシピは朝、納豆(80Kcal)、カロリーメイト(200Kcal) ×2とブラックコーヒー(0)です。
昼食は野菜(60Kcal)とチキンサラダ(110Kcal)とおにぎり一個(140Kcal)です。
朝(280Kcal)昼(310Kcal)間食でチロルチョコ×1個(60Kcal)
夜ご飯はキムチ(120Kcal)バナナ×3本(300Kcal)とチキンサラダ(110Kcal)ブラックコーヒー(0)こんな感じです。

朝と昼は食べるものは基本変わりませんが、味に変化をつけて飽きないようにしてました。
夜は基本炭水化物を取らないようにしてましたが、麺類がどうしても食べたくなったらちゃんぽんだけにしてました。
ちゃんぽんだけなら(350Kcal)ぐらいのんで。私は週に一日ドカ食いの日を決めてその日は食事制限など気にせず、自分が食べたいものだけを食べていました。

ただし食べた後は、特保のお茶を飲んでいました。
ダイエットしていく中で、コスパがいい食べ物はささみがおすすめですよ、栄養あるし、豚や牛と違ってヘルシーなので、あとはおでんですね。
具の一つ一つのカロリーが低いです。大根なんか1桁ですよ。ですのでおでんはおすすめです。

ダイエットに関しては、無理ぜず、焦らずにやる事をおすすめします。最初の一ヶ月は全然結果が見えません。
私は二ヶ月に入る事から少しづづですが体が軽くなってきたと実感してきて体重計に乗って計測してら減っていたので、
やる気が出て継続でき結果ダイエットに成功できました。体重計に毎日今でも乗っています。

毎日体重計に乗る作業はおすすめです。本当に採取は変わらないので、不安に思うかもしれませんが、継続は力なりと言います。
少しづつですがからなず結果が出ます。出たら目標の体重まであっというまにゴールまで行けると思いますので、頑張ってください。

痩せたいときにもお肉が食べたい

ダイエット中にお肉が食べたくなったとき、おすすめの食材はとりむね肉です。
モモ肉や手羽先手羽元に比べてカロリーが低くヘルシーな食材で、ささみよりも安価です。
簡単な「サラダチキン」の作り方をお教えしましょう。むね肉1枚の皮は取り除き、沸騰したお湯で1分湯がきます。

1分経ったら火を消して、そのまま冷めるまで待ちます。冷めたらスライスするだけでサラダチキンの出来上がりです。
野菜をしいてポン酢やゴマだれなどお好みでかければ、立派なメインメニューになります。
茹でたお湯はスープとして使えますが、匂いが気になるようなら、しょうがのスライスを入れて火をいれて後から取り出すと良いです。

もう一つのメニューは「かさまし鶏ハンバーグ」です。
皮を除いたとりむね肉のミンチ200グラムにに水切りした豆腐半丁、炒めた玉ねぎと人参のみじん切りそれぞれ4分の1つ分、
パン粉大さじ2、塩コショウ適量を入れて、たねを小判型にしてフライパンで焼きます。
こちらもお好みのソースで和風にも洋風にもなります。ぜひお試しください。

私がダイエットに成功した食事方法

40才後半になり、痩せなくなってきました。今までの食事と同じでは体重が増える一方です。そこで食事の見直しをしました。
まず、朝食をやめて昼ご飯時兼用にすることにしました。幸い家にいる仕事で、食事時間や調理時間は融通がききます。
どか食いをさけるため、10時半ごろに朝昼兼用の食事をします。ときに外食するときにはもちろん食べません。

最初は手持ちぶさただったり、お腹がすいたと辛かったですが、慣れればお腹のなる音も空腹を感じて気持ちのよいものです。
早めのお昼御飯は玄米とみそ汁かスープです。先に汁でお腹を満たしてからお米を食べます。
前日の残りや買い置きの納豆、自家製のぬか漬けを合わせることが多いです。

そして夜ご飯はローカロリーを心がけながらも普通に食べます。
晩酌が好きなのでついおつまみを食べ過ぎるのですが、最初に野菜系のおつまみやおかずを食べ、その後にタンパク質を取ります。
晩はお米は食べません。3食まんべんなく食べるというよりも、1日2食で野菜もタンパク質も炭水化物もとるようにしています。
運動もして、これで3ヶ月で5キロやせました。

スーパー一人鍋風トロトロスープ

必要な材料は中華スープのもと、玉子、片栗粉、胡麻油、醤油、もやし、あとキャベツです。鍋に適当な量の水を入れて沸かします。
湯が沸いたら中華スープのもとを投入します。この時味は薄めでお願いします。
味が濃いと米を食べたくなります。そこにザクザクっと切ったキャベツを投入です。

これも大きめに買った方が食べ応えがあるので大きい方が??です。少しキャベツがしんなりしてきたらもやしを投入してください。
それから溶き卵を入れてます。醤油と胡麻油で香りをつけて最後に水溶き片栗粉を投入して完成です。
片栗粉は多めだとドロドロして食べ応えがあり満腹感も得られますのでいいと思います。

私は晩ご飯はこのメニューで3ヶ月やりました。
流石に毎日これだと飽きてしまうので、具材に鳥の胸肉を入れたりキャベツの代わりにネギや白菜を入れたりしました。
早い話一人鍋みたいなかんじですね。満腹感が得られない場合はスープの量を増やすのもありだと思いましす。
途中まで食べて途中から味変でコチュジャンを入れたりラー油で辛くしたりと広がりは無限大です。是非お試しあれ!

1日の始まりを彩野菜サラダとタンパク質のサラダで

まず野菜はレタスです。1種類ではなくサニーレタス、フリルレタス、ロメインレタスなど種類を混ぜます。
何種類も混ぜるとレタスだけでも食感が変わります。キャベツを足したりするとさらに食感が変わります。
きゅうり、玉ねぎ、にんじん、大根など細切りにします。コーンと同じくらいの大きさに赤のパプリカを切ります。
春ならスナップエンドウ、秋はナスなど季節の野菜を加えたり、野菜の形もいろいろ変えて飽きる事が無いように工夫します。

次にささみです。筋を切ったささみはパッドに並べて、塩少々とお酒をふりかけてレンジにかけます。
あまり長いことレンジにかけるとぱさぱさでかたくなるので、大きさによりますが600Wで2~3分くらいです。
ささみを割いてトッピングします。クルトンやうすしお味のポテトチップスを砕いてポイントにします

ささみほ他には鶏の胸肉で作ったハムを使います。
胸肉のハムの簡単な作り方はまず、皮が付いていたらはがします。きび砂糖と塩コショウを両面にまぶします。
出来たら3時間くらいはねかすとよいのですが30分くらいでも良いです。胸肉をラップできつく何重にか巻きます。
お湯を沸かして4分間煮ます。火を止めて胸肉をそのまま蓋をして2時間おきます。

ラップから出すとしっとりした鶏むね肉のハムが出来ます。薄切りにしてお皿に並べて、受けに上記野菜類をたくさんのせます。
ドレッシングや野菜の種類を変えたりして毎日ボリュームサラダを食べました。コンディションも良くなり3㎏痩せました。

短期集中サプリと栄養ドリンクだけのダイエット

食っちゃ寝、食っちゃ寝を繰り返し、2か月で5kg増。これが、2020年1月~2月に起きた私の災難です。
3月1日の日曜日、朝起きたばかりの私を見て、娘がこういうのです『お父さんだいぶ太ったね』と。
3食しっかり取り、時々カップ麺を追加し、それなのに運動もしない。太るの当たり前ですよね。
ということで、一念発起し痩せるぞ!という事になりました。

ではどのように?ここで私は思ったのです。運動は嫌だが、絶食は出来る!と。
なぜかというと、数年前に腸の病気で入院した際、3週間点滴ばかりで、食事をしない時期がありました。
するとどうでしょう、毎日キッカリ500gづつ体重が減っていきます。

入院時に75kgだったのが、21日間で10.5kgマイナスの64.5kgにまで激やせした経験があるからです。
その経験から、何も食わずとも必要な栄養をある程度補給しておけば、
自然に痩せていくはずで、さらに寝たきりではないので、日常生活の運動量があればなおさらよさそうだと。
その狙いを持って取り組みました。食事は一切取りません。

口にするのは『ビタミンサプリ』+『栄養ドリンク』を1日2セットと1リットルの水だけです。
腹は減りますが、ここは我慢。初日は800g減り翌日からは700gづつ均等に減っていきます。
これでキッカリ1週間で5kg減に成功です。

そしてこの後が肝心だと思い、一気にドカ食いリバウンドを防ぐ為に、その後の1週間も食事量をセーブしています。
3月16日現在、体重69kgで推移中。空腹に耐えられる精神力をお持ちで、ハードな日常を送らなくても良い方にはこなせると思います。
お医者様はお勧めしないと思いますが、1週間程度なら肌や体の不調も出なかったのでお勧めします。

小麦粉を食べないだけダイエット

私はパンが大好きなのですが、パンはやはりダイエットには大敵らしいのです。カロリーは高いのに、すぐお腹がすき間食をしてしまいます。
そこで、小麦粉を一切取らないというダイエットを一か月間して2キロ痩せました。
パンはもちろん、小麦粉を使ったスナック菓子なども食べないようにしました。

主食はお米で、朝も昼も夜もご飯かお餅を食べます。間食はどうしても食べたくなった時などはゼリーやポン菓子を食べました。
パンが本当に大好きなので、パンを食べられないのはとても苦痛でした。
しかし、一か月終わってみると身体にとって良い事がたくさんありました。

肌の調子がよいこと、便通がよくなったこと、便の臭いが嫌な臭いがしなくなったこと、そして最終的には2キロ体重が落ちたことです。
食べる事の楽しみは無くなってしまったものの、間食をしないでご飯をしっかりと食べるという健康に良い生活を送ることができました。
運動などは特にせずとも体重が減りました。

酵素ドリンクでプチ断食ダイエット

【酵素ドリンクでプチ断食ダイエット】
4,5年前にファスティン社の酵素ドリンクで二日間のプチ断食をして、体重を約三キロほど落とすことに成功しました。
おなか回りや顔回りなど、一度つくとなかなかとりずらい脂肪も、わずか二日間のプチ断食でおなか回りや顔回りがすっきりとしました。

やり方は二日間の断食と、酵素ドリンクを二日に分けて飲むだけという、いたって簡単な方法でした…。
酵素ドリンクに必要な栄養がしっかりと詰め込まれており、途中で頭が回らなくなってつらくなったときは、糖分豊富なくろ飴ならOKというシンプルなルールです。
ダイエットによる体重減だけではなく、体内をデトックスをしてくれるので、内臓を休ませて、体全体をリフレッシュすることができます。

二日間の断食の後は、胃に負担をかけないように徐々に食事で栄養を取っていくため、塩味のおかゆから食事をスタートさせます。
その時のシンプルなおかゆのおいしさに感動を覚えるほどです。

短期集中のジム通いでダイエット

近くのジムのキャンペーンで入会金0円、月額料金3ヶ月半額という広告を見つけたのがきっかけです。
家でも筋トレをしていたのですが三日坊主で継続ができない私ですが、とりあえず3ヶ月!と短期集中で思いっきり頑張ってみたいと決めました。
入会してからほぼ毎日、有酸素運動15分、筋トレ30分、有酸素運動20分を淡々とこなしながらジムへ通い続けました。

家で続けられなかったのに通う事が出来たのは、マシンを使って体を思い切り動かして汗をかくことが楽しいと思えたからです。
あともう一つは大きなお風呂が入れる事でした。疲れたあとに入るお風呂は気持ちが良いのでモチベーションにも繋がりました。
なのであまり辛いと思う事がなく楽しく通う事が出来たのは自分でも驚いています。

今まで本気で頑張らなかった分、効果も早く出たのか身体は少しずつ変わっていきました。
代謝も上がり筋肉がついたこと、肩こりや疲れを感じなくなりました。体重は思ったよりも落ちませんでしたが身体が締まってきたと実感があります。
今では短期間だけと思っていましたが変わっていく自分の身体に感動を覚えて辞めずに続けています。
ダイエットはやる気と思い切りが必要なのだと本当に思いました。

油排出オルリファストダイエット

大阪堂というネットからの販売にてシンガポールから輸入しました。
会社の上司からの奨めでしたが、実際にその上司は2ヶ月程で6キロ程(身長171センチ)体重80キロ??74キロと成果を出していました。
私も30代となりお腹の肉全体的な体重が気になっていたので即、購入しました。

1日3錠×14日分42錠で2500円(税別)発注する単位が増えるとお得に買えます(まとめ買い)
症状としては、食後猛烈な便意に襲われます。
食事にて摂取した油の20%が排出されるという口コミでしたが、使った感覚としては更に多くの油が排出される感覚はありました。
下痢の症状に似ています。

実際に2ヶ月ほど使用した結果167センチ65キロ??62.5キロとなりました。
当然、運動や食事にも気を遣ったのですが油が排出されるという実感が食事内容や運動の意識を増大させた感覚はありました。
副作用も特になくオススメかと思います。類似商品にゼニカルという薬があります。
類似商品にはゼニカルという商品があります。尚、商品は発注後3~5日程で届きます。

40代の私のダイエット方法はアルバイトです。

40代で60キロウエスト71㎝パンツサイズLが6か月で好きなお菓子を食べご飯も肉も魚も食べて過ごして
58キロウエスト65㎝パンツサイズがMになれたのはスーパー銭湯で夜アルバイトを始めたのがきっかけでした。
ジムもエステも年間10万円以上掛かります。お金をかけないでやせたいのとどうせならお金をもらうアルバイトをしようと

何気なく求人広告をみたらスーパー銭湯の求人募集がでていました。早速募集してみたら直ぐに合格して直ぐにはたらく事になりました。
施設内隅から隅まで歩き、湿度50%の浴室内でのシャンプー交換を二人でやらないといけません。
女性風呂の排水管の中にたまった髪の毛を30分ごとに取らないといけませんなので中腰になるそれはスクワットになります。
お食事処のテーブルのふき掃除があります。それは背筋の運動になります。

施設内を歩き回ると6時間で1万歩にあるので歩く、スクワット、背筋の運動をお金を頂いて遊び感覚でアルバイトしています。
その後にタダのお風呂に入ります。気が付いたら、ウエストは65㎝体重58キロパンツサイズはMになりました。タダでやせるっていい事ですね。
ただし嫌な事もあります。でも働いたら色々あるし目的を果たしたのでいつでも嫌になったらやめる心つもりです。

朝・昼はサラダチキンを食べ、夜は好き勝手食べるダイエット!

まず、1日のカロリー摂取量を確認します。(性別・身長・体重などにより異なるので予めインターネット等で検索しておく)
わたしの場合、1日に必要な摂取カロリーは2250キロカロリーでしたので、
1日あたり1550キロカロリーにすれば、計算上1ヶ月で3キロ痩せるとネットに書いてありました。

朝はサラダチキンのスティックタイプを1本(約80キロカロリー)とお茶(0キロカロリー)、お昼はサラダの上にサラダチキンのかたまりを乗せて食べていました。
ここで注意しなくてはいけないのがドレッシング。よく見るとかなり高カロリーなので、ドレッシングをかける際は極力低カロリーなものを選択します。
このサラダチキンを乗せたサラダが普通に美味しくて、且つお腹も膨れます。

ただしお腹が空くのも早いです。(笑)ここまで、朝・昼を合わせても400キロカロリー以下!!
と、いうことは、夜は1150キロカロリー食べれます。(笑)夜は何も制限なくお酒も飲みますし食べまくります。(笑)
それでも効果は抜群で、見事に1ヶ月で3キロ落ちました!!運動はなにもやっていません。
このサラダチキンダイエットはかなりオススメですが、費用がややかかります・・・。

キャベツ様々!一石二鳥キャベツダイエット

学生時代、学費と生活費をアルバイトで稼ぎながら生活を送っていました。
昔、キャベツダイエットが流行してしばらく経過していたためキャベツが安価で手に入りました。
私はダイエットのためでなく、生活のためにキャベツを大量につかったおかずを日々口にしていました。

すると、食物繊維がたっぷりなキャベツをたくさん食べたおかげかお通じがよくなり、体重が驚くほど落ちました。
当時160cm60kgのぽっちゃり体型だった私が3ヶ月で48kgというスリムボディを手に入れることができたのです。
お通じがよくなったため、肌の調子もよくニキビや吹き出物がきれいになくなりました。

余分な脂肪が落ちたため、バストアップしたように見える無駄のないスタイルを手にいれました。
今では社会人になったため生活に余裕ができ、その分脂肪もついてしまったため、明日からまたキャベツでダイエットを始めようかと思います。
ダイエットもでき、キャベツレシピをたくさん見て味の変化を取り入れた結果、料理上手にもなれた気がします。

ただ湯船に入っているだけダイエット

平熱が35度台と低いことが気になり改善しようと始めた入浴がダイエットにつながりました。
食べ物にも運動にも気を使いながらダイエットを進めてきましたが、
もともとそこ平熱が35度台と低いことが気になり改善しようと始めた入浴がダイエットにつながりました。

食べ物にも運動にも気を使いながらダイエットを進めてきましたが、
もともとやせ型であるためか自分ではすごく努力をしているつもりがさほどの結果としてつながりませんでした。
今まではシャワーで済ませていたところ入浴をするようになり、とにかく体を温める時間を増やしました。

体温が低いとともに冷え性でもあったことが、悩みでもありましたが、
その不調が改善するとともに今まで努力しても落ちなかった体重がするすると落ちるようになり、

今までの努力は何だったのかと感じる位効果を得ることができました悩みでもありましたが、
その不調が改善するとともに今まで努力しても落ちなかった体重がするすると落ちるようになり、
今までの努力は何だったのかと感じる位効果を得ることができました。

無理のないダイエット方法「食事制限」

私は小さい頃から柔道をしています。22歳で大学を卒業して会社に入ったのですが、柔道をしなくなって食べすぎてしまう毎日で10キロ以上太ってしまいました。
太っていた時のピークが92キロです。親や友達などに会うと「すごく太ったね」
などといったことしか言われなくなり、あまりいい気持ちになれないのが正直なところでした。

流石に健康的にもまずいなと思い、ダイエットをすることにしました。柔道は階級があり決まった体重をキープしなければ試合に出ることができません。
そのため体重を効率よく落とす方法を知っていたのでそんなに時間もかからずダイエットに成功しました。
今でも継続中です。今から説明するダイエット方法は一般の方でも同じです。そして至ってシンプルです。

ダイエットする上で1番楽で継続しやすいのが「食事制限」です。私も食べることはとても大好きです。
好きなものばかり食べているとそのうち体に脂肪がついてきます。
人間は基本的に自分に甘い生き物ですのであまり食事に気を使わず食べてしまう方が多いと思います。

どうやって食事を制限して痩せるのか説明していきます。
いつも食べている食事の量を10だと考えてください。例えばですが、ご飯を100グラム食べているとしたらこれを80グラムに変えるだけです。
おかずも同じです。この方法で1日3食を8割に変えるだけで少しずつ体重が自然と落ちていきます。

これは私も実践していて3ヶ月で10キロも落ちています。
さらに定期的に運動を加えることでよりカロリーを消費して体重が落ちやすくなるので、お時間のある方は歩くだけでも少し運動を始めてみてください。
これなら無理なくダイエットができるはずです。

粉ミルクダイエットを1缶終わるまでやってみた

私が20代の頃でしたが、日頃の不摂生のために5キロほど太ってしまい、痩せようと思ってダイエットをする事にしました。
色々調べた結果、粉ミルクダイエットなら栄養が偏ることなく健康にダイエット出来そうだと知り、さっそくチャレンジしてみる事にしました。

私が購入したものは手軽に買う事の出来る、生後3カ月頃から飲む事の出来る粉ミルクで、容量は確か850g前後の大きな缶でした。
実際のやり方は一日の食事のどれかを粉ミルクに置き換えるもので、後は普段通りの生活を送るだけです。
私は朝ごはんを粉ミルクに置き換える事にして実践してみました。

いざ始めてみると、粉ミルクはコップに作って飲むとゴクゴクと飲むのがなかなか辛く、やたらとゲップばかり出て全然飲めませんでした。
これなら摂取カロリーが減って良いかなと思ったのですが、結果的に後でお腹が空いてしまい、一日トータルのカロリーは変わらない事がわかりました。
なので、空腹時にも飲むように心掛けていたら、数日で飲む事が辛くなってしまい、
何とか1缶終わるまで続けましたが、終わる頃には粉ミルクを見るのも嫌になってしまいました。

我慢が必要ない!私が成功したダイエット方法とは?

私が今までやっていて効果があったダイエット方法は、耳つぼダイエットです。
耳のツボに、チタン粒がついたシールを貼るだけの簡単な方法になります。
シールを貼っている間はチタン粒がツボを刺激してくれるので効果があるのです。

ダイエットに効果的なのは食欲を抑えるツボにシールを貼ることです。
普段食べている食事量よりも少ない量でおなかがいっぱいになります。
しかも、空腹を感じることが少なくなるのもうれしい効果です。

私は耳つぼシールを貼っている間は食べる量が明らかに減ります。
無理して食事制限をしなくても自然と食べる量が少なくなるのです。
おかげでストレスを溜めることなくダイエットができました。

耳つぼダイエットは、シールを貼ればすぐに痩せるという即効性があるわけではありません。
しかし、貼り続けることで1日の総摂取カロリー数が減り、気がついたらダイエットに成功しているという感じです。

私は、耳つぼダイエットを始める前と比べて、明らかにボディラインがすっきりとしました。
以前はきつくてはいりづらかったジーパンもすんなりと履けるようになったのです。

これまでは食事制限のダイエットも行ってきましたが、数日で挫折していました。私には食べ物を我慢するということが苦手なようです。
ですから、我慢が必要ない耳つぼダイエットは私に向いている方法でした。
これからも体型が気になった時には耳つぼダイエットにお世話になろうと思います。